評判のいい全国の増毛サロン

増毛とは髪の毛を生えさせる施術ではなく、増やす施術のことです。
どちらも同じ施術だと感じるかもしれませんが、まったくの別物です。
増毛とは今ある自毛に対して人工毛を結着させることで、増やしたように見せかける施術なのです。
カツラと比べて自然であり、定期的にメンテナンスをしていればバレる可能性はほぼありません。
メンテナンスは1ヶ月~3ヶ月に1回程度必要となり、結着部分を根元に向かって結び直します。
そうしないと、人工毛が浮いて違和感を持つようになります。
増毛は人工毛なので抜けないと思われるかもしれませんが、実際には自毛と同じように抜けます。
髪の毛は1日50本程度は抜けており、増やした部位の自毛が抜ければ、自然と結着させた人工毛も抜けるのです。
施術をした方には、以前よりも抜け毛が増えたという方もいますが、これは自毛に負荷がかかるからです。
数本を結着させる技法ですと、より多くの負担が自毛にかかります。
ドライヤーを使用したり、ヘアスタイルを整えたりするときにも、1本の自毛に対して数本分の負荷がかかると考えていいでしょう。
施術後は髪を粗末に扱うことなく、以前よりも丁寧にシャンプーすることも大切です。
頭皮マッサージを行うときは、頭皮自体を動かすようにすると髪が抜けないのでおすすめです。
髪の毛も巻き込んでしまう感じでマッサージをすると、抜け毛が増えてしまうので注意が必要です。
シャンプー剤は市販品よりも、専用商品を使用したほうがいいでしょう。
市販品は自毛用なので、人工毛を傷めてしまう可能性があります。

毛が絡みついたり、ツヤを失ったりすると、ヘアブラシが引っかかりやすくなります。
自毛と同じくらい人工毛も丁寧に取扱う必要があるのです。
増毛をおすすめする方は、自毛がまだある程度残っている方です。
ツルツルになると結着させる部分がなくなるので、増やすことはできません。
また、うぶ毛状態になるほど薄いと、結着させてもすぐに抜けてしまうでしょう。
施術をする方は、育毛も併行していくことが多いです。
カツラのような蒸れが発生することは少ないため、頭皮状態は比較的良好に維持できるはずです。
最終的には育毛で髪を復活させて、自毛で過ごせる状態にしていくのが目的です。
完全に薄くなってしまうと、医療機関で発毛治療を受けるしかありませんが、地肌が薄くなってきた程度なら増毛と育毛ケアの併用で改善が可能です。
頭頂部は普段見る機会がないので、週に1回くらいは合わせ鏡で確認する習慣を身につけましょう。
増毛は髪の毛を増やすために行うものですが、これが原因でハゲるケースもあるので注意が必要です。
自毛に結びつけるため、自毛にかかる負担が増すのです。
洗髪をするときは優しく洗い、ヘアスタイルを整えるときも丁寧に行いましょう。
表面のツヤがなくなってくると、毛質が悪くなって絡みやすくなります。
指やヘアブラシが引っかかって抜けることがあるので、増毛をしている方は丁寧に髪を取扱う必要があるでしょう。
増毛のメリットは、日常生活における自由度が高まることです。

カツラを装着している状態ですと、外れる心配が少なからずあるものです。
激しいスポーツをしたり、友達とプールに行ったりすることに抵抗を覚えるでしょう。
カツラは自毛ではないため、見る人が見ればわかるものです。
特にメンテナンスをサボっている方は、カツラが浮いてきたり、つむじの場所がズレたりするのでバレます。
その点、増毛は激しいスポーツ、プールなども楽しむことができますが、頭皮や髪に無理のかかることは避けましょう。
引っ張っても抜けにくことをアピールする宣伝もありますが、引っ張れば自毛に負担がかかりますし、ハゲる原因ともなります。
その場では抜けなくても、毛根が刺激を受けるので後日抜けてしまう可能性があります。
薄毛になっている方は、髪の毛が細く弱くなっています。
弱い状態の髪の毛に人工毛を結びつけるわけですから、強度的に強いものとは言えません。
人工毛自体は強くても、自毛が弱ければ意味がないのです。
そのため、育毛も同時に行われることが多いわけです。
育毛とは髪の毛を太く強い状態に育てることです。
抜け毛が多くて髪の本数は少なくなっても、1本1本の強度が十分なら人工毛を結着させても抜けにくいです。
育毛をして毛がある程度濃くなってくれば、増毛する部位や本数も少なくてすむでしょう。
そして、最終的に育毛ケア一本に絞ることが理想です。
抜け毛を減らすためには、頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

1日に50本~60本程度の抜け毛があるのは普通ですが、急に増えてきたら何か原因があります。
多くの場合は間違った頭皮ケアを続けており、頭皮がダメージを受けきれなくなったときに大量の抜け毛が発生します。
髪がツルツル状態では人工毛を結着させることは不可能です。
この場合は自毛を頭皮に貼り付けるしかないのです。
人工毛を結着させるにはある程度の強度が必要なので、場合によっては育毛剤を使用することになるでしょう。

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!