自己破産を行う場合のシュミレーション

自己破産を行う場合のシュミレーション

自己破産を行う場合のシュミレーション

債務問題を抱えた時には、様々な解決方法があります。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つが主なものですが、この中で自己破産は他の選択できない理由がある場合、最終的にやむなく選択すべきものです。確かにデメリットはないと言われていますが、それは借金問題でにっちもさっちもいかなくなり、他に手立てがないといった時に、その状態でいるデメリットと比べれば、自己破産のデメリットは大したことではないといったものです。借金問題を解決した後で新たに借入の契約を行うことは到底難しくなります。クレジットカードが必要な場面が多々ある世の中になっていますが、クレジットカードを作ることもままなりません。もちろんデビットカードなどで代用することは可能ですが、クレジットカードの機能とは全く別のものです。自己破産を選択せずに済む方法がないか、シュミレーションは必ず必要です。シュミレーションをした結果、もし自己破産の選択しかないと言うことになったとしても、その時はメリットとデメリットを照らし合わせた後です。デメリットは自分で納得できる範疇となっています。先だっての貸金業法の改正によって、一次的に債務事故となってしまった人は増加しました。しかし完済を目指している任意整理、特定調停、個人再生と比べた時に、自己破産は信用の回復が極端に厳しい債務整理の方法です。しっかりとシュミレーションを行い、回避できる方法がないのか、もし回避できないのであればどのようなことに心がけて生活を建てなおすべきかなども合わせて熟考することが必要です。また弁護士などの専門家への相談も、事前に行うべきでしょう。

 

警備業は警備業法により、「欠格事由」と言う「警備員になれない人、警備業の出来ない人」という規定が定められています。
例えば物事の正当な判断がつかない、もしくは付きにくい未成年や老人(認知症の方も含む)が自分の意志で行動して大きな買い物をした場合など、後見人という正当な判断が出来る人が取り消すことが出来るのです。こういった人たちは裁判所により「この人は法律行為が制限されている」という判断をされた人たちなのです。その意味において、自己破産した人も「法律行為が制限されている人」という判断がなされるのです。
何故かと言うと、自己破産の申請をして免責が下りるまでの間、自己破産した人は裁判所が債権者にその財産を分配するまでは自分の財産を自分の意志で処分することが出来ないのです。それを「法律行為の自由が制限されている人」と言う欠格事由と判断されるのです。
しかしこれは一生出来ないというものではなく、裁判所により免責が決定され自己破産が確定すれば、自己破産者の権利が復活し制限の枠が外れるため警備の仕事に就くことは可能になります。つまり破産手続きを開始してから免責が決定するまでの一定期間は警備員の仕事は出来ない、と言うことなのです。

 

自己破産すると警備員になれないのか、についてですが、自己破産決定後に生じる資格の制限により、残念ながら自己破産決定後は免責が決定するまで警備員にはなれません。

 

その警備員について説明します。警備員には、建物の中を管理する施設警備、大きなテーマパークやコンサートホール等で観客の整理等を行う雑踏警備、金融機関や店舗等に現金を運ぶ現金輸送、夜間無人の建物を遠隔の装置で管理する機械警備といった職種があります。

 

そして警備員になるにはどうしたら良いかについてです。普通の職種と異なる点は面接し、採用されたのち、すぐに現場で勤務につける訳ではありません。まずは新任教育を受講し、警備業協会に警備員としての登録をしなければならず、またそれを更新するには半期に一度、現任教育と言うのを受けなければなりません。

 

これは警備業を営むものとして義務であり、それを怠った業者と言うのは協会から厳重に罰せられます破産者を警備員としての採用する事も法律に抵触する為に同様の事が言えます。

 

しかし破産者であっても警備業を営む会社に就職する事は可能です。警備員とは国に警備員としての登録を受けているものに対して警備員と言うのに対し、それ以外の警備会社の職種であれば法に抵触する事はありません。捕捉ですが警備員として登録をしていない者が警備の職に就いている場合も当然違法とみなされます。

 

自己破産の申請の際に滞納している携帯電話、スマホの利用料金も債務として申告すれば、免責によってそれらも当然免除されます。ただし、それと同時に契約解除になってしまうため、携帯やスマホを使い続けることは出来なくなってしまいます。また、料金不払いの情報は携帯電話サービス会社の各社で共有されているため、新規の契約も難しくなってしまうでしょう。免責されているので請求されることはないお金ですが、不払いの分を後であえて支払うと不払い情報は消去されます。これによって再び新規の契約も可能になります。
利用料金のほかに、携帯やスマホの分割購入という問題もあります。これも立派なローンですから自己破産をしたことによる影響を受けます。分割購入の審査の際に、信用情報に自己破産の記載があれば原則として拒否されることになるでしょう。ただし、これはあくまで原則として、です。携帯やスマホのローンは非常に少額なので銀行などのローンと比べて審査は甘めです。自己破産をすると5年から10年はお金を借りることができなくなりますが、携帯やスマホの分割払い程度であれば自己破産後2年で分割購入ができた、というケースもたくさんあります。自己破産の直後はさすがに無理ですが、しばらく時間が経てば携帯やスマホの分割払いも可能になります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産を行う場合のシュミレーション関連ページ


ホーム RSS購読 サイトマップ