自己破産を後悔しないために読む

自己破産を後悔しないために読む

自己破産を後悔しないために読む

個人では手をつけられないほどに債務問題が深刻化してしまったというような場合、その状況を改善する方法の一つとなってくれるのが「自己破産」です。
ただしかし注意しておきたいのが、自己破産をした人の中には「後悔をした」と言う人がいるということです。
では自己破産で後悔しないために知っておきたい予備知識にはどういったものがあるのでしょうか。
まず最も知っておかなくてはならないこととなるのが「自己破産を行うと財産の処分がされる」ということです。
破産申し立てをした人の名義の財産があるというような場合には、一定額以上の財産は基本的に処分され、債権者への返済に充当されることとなります。
これによって「失いたくないものを失った」と言う人がいるのも事実ですから、後悔しないためには事前に知っておく必要があります。
また「資格の制限」が発生することもあります。
これは手続きが完了するまでの期間限定ではありますが、一部職業に関しては手続きが完了するまでの間、その職務に従事する権利をはく奪されます。
もちろん手続きが完了すれば再度職務に従事することはできるのですが、手続き期間の権利はく奪によって損失が出たとしても、裁判所がそれを補填してくれることはありません。
加えて「信用情報上の瑕疵の記録」も発生しますから、これによって新たな借金などはできなくなることも忘れてはなりません。
どうしようもない状況になっているのであれば自己破産せざるを得ないこともありますが、自己破産を決断する際には本当に後悔しないかどうか、弁護士や司法書士などに相談したうえで慎重に判断をするようにしましょう。

 

 

債務がかさんで返済できなくなった際にとる手段のひとつとして、自己破産があります。この自己破産とは簡単に言ってしまうと、これまでの借金すべてを帳消しにすることです。もちろん手持ちの資産や不動産の処分などは伴いますが、それ以上に払いきれなくなったすべての債務をなくし、返済の義務から解放されるとあって、多くの債務者が選ぶ手段です。

 

ただし、この自己破産、借金が帳消しになるからといってかならずしもメリットだけではなく、中には自己破産に頼らずに借金の完済を目指せばよかったと後悔している元債務者も多くいるのです。では、自己破産を行ってしまうと、どのようなデメリットが発生するのでしょうか。

 

まず、自己破産後には、新たなクレジットカードの作成や、新規のローンを組むことは難しくなります。中には自己破産者にも融資をおこなうといった機関もありますが、いわゆる闇金融と呼ばれる金利が高く取り立ての厳しいところが大多数なので、このような機関からの安易な借り入れの選択は危険です。破産後は、信用情報機関において事故情報として個人が登録されてしまうことから、多くの消費者金融および銀行での借り入れは今後しばらく不可能と考えるのが良いでしょう。同時に、官報にも個人名および住所が記載されることになります。一般の人の目に触れるような文書ではないので他人に知られる心配はありませんが、新たな就職や起業においてデメリットとなる場合もあり、後悔することになります。

 

また、破産手続き中は海外旅行をはじめとする長期の外出が禁止されるため、破産申請を行う時期を見極めることで、旅行や出張ができなくなるなどの後悔を未然に防ぐ事ができます。

 

とてもひとりでは返済することができない借金を抱えてしまった場合、自己破産をするべきかどうか悩むのではないでしょうか。
自己破産をしたら会社をクビになったり、選挙権がなくなったりして後悔するのではと考えてしまいがちになりますが、自己破産の手続きを行って後悔するかといえば答えはNOだと言えます。
自己破産というとどうしてもマイナスのイメージがつきもので誤解されがちになりますが、自己破産はこれまでの借金を0にして新しい人生のスタートを切るための制度なので負い目を感じる必要はありません。
債務整理の中でも借金返済に苦しんだ末の最終手段が自己破産であり、手続きを取ることによってその後の生活再建がスムーズになります。
マイホームや車、高額の預貯金などは差し押さえられますが、家具、衣類、調理器具なども、生活必需品のため処分の対象外となっています。
賃貸住宅の場合は転居の必要はありませんし、当面は生活していくだけの財産は守られます。
また給料の4/1もカットはされるものの、これまでの生活とは何ら変わることはないだけではなく、借金を帳消しにできるので後悔どころか人生の再生に向けて歩んでいくことができるのです。
しかしブラックリストや官報には手続きをしたことが情報として載ってしまうので、一定の期間はローンを組んだりクレジットカードを利用できなくなります。
自己破産以外にも違った債務整理の方法もあるので、一度借金問題に強い弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。
自己破産をしてしまうと後悔してしまうと思い借金の返済のあても無いまま、取り立てに悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
自己破産の一般的なイメージというのは、借金の踏み倒し出会ったり社会人失格というものがあったりしますが、実際にはそのようなことが無く再スタートを切るための制度でしかないのです。

 

自己破産をしてしまうと、日常生活であらゆる制約がうまれてしまうと考えている人もいるかもしれませんが、実際にはそれほどのデメリットは存在せずにしばらくの間金融機関からお金を借りることが出来なくなってしまったり、クレジットカードを持つことができなくなってしまったりという程度しかありません。
実際普段の生活を考えると、これらのデメリットは大きいように思えるかもしれませんが、借金で首が回らなくなってしまった状態では元よりこれらのものを利用できる余裕がありませんから、自己破産をすることで借金から解放される利点の方が大きいのです。

 

このように自己破産というのは一度してしまうと、後悔をしてしまうものだと思いがちではありますがむしろその逆であり、借金に悩んでいる人の多くは、なぜもっと早く自己破産をしなかったのだろうかと後悔する人が多いぐらいなのです。
そのため、借金のことで悩んでどうしようもなくなった時には無料法律相談などを利用して、専門家からその先どうすればよいのかアドバイスをもらい、自己破産も視野に入れてみてはどうでしょうか。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産を後悔しないために読む関連ページ


ホーム RSS購読 サイトマップ