自己破産が行える条件とは

自己破産が行える条件とは

自己破産が行える条件とは

自己破産とは借金を返済することが困難になった際に行う債務整理の一種のことですが、借金返済が困難になったからといって誰でも簡単に自己破産が行えるわけではありません。ではそのような条件を満たしていれば手続きをすることができるのでしょうか。

 

まず一つ目の自己破産の条件は返済することが困難になっていることです。これは車や住宅などを有していた際には、それらの売ることで資金を調達して返済に充てることとなります。このことに関しては明確な基準が存在しているわけではありませんが、換金できる財産を全てお金に換えて返済をしていきます。そして残りの借金が現在の収入から生活費を抜いた金額で3年以内に返済することができるのかが焦点となります。

 

二つ目の条件は借金をした理由になり、これは借金をした理由が免責不許可事由に該当しないことになります。簡単に言うと、借金をした理由が浪費によるものでないことになります。ギャンブルや遊ぶことが目的で行った借金に関しては自己破産を認めてくれる可能性は低くなります。もちろんパチンコや競馬などのギャンブルによってできた借金であっても自己破産が認められる場合もありますので、弁護士に相談をしてみてください。

 

このように自己破産を行う為には条件を満たしていなければなりませんが、これらの条件に対して明確な基準があるわけではありませんので、もし自身の力では返済することが不可能であると感じたのであれば、弁護士の方に相談をするようにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

ホーム RSS購読 サイトマップ