自己破産にかかる費用は?

自己破産にかかる費用は?

自己破産にかかる費用は?

借金が払えなくなった人が真っ先に考える手続きの一つである自己破産は、借金といわれるものはほぼ全て支払いを免除されますので、生活の立て直しに大きなメリットがあります。一方で、自己破産申し立ては裁判所を通す手続きですので、用意しなければならない書類もたくさんありますし、書類の作成に時間もかかります。手続きを代行してもらう場合は、費用もかかります。債権者や裁判所とのやり取りも頻繁になりますので、通常は費用を払って弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼しています。

 

一方、自己破産ほど大きな救済システムを利用しなくても返済できる見込みがあるなら、利息をナシに交渉することができる任意整理など、方法はいくつかあります。

 

自己破産の場合には、申立てにかかる実費が大体2万円程度、専門家に支払う費用の相場は20~30万円程度となっています。同時廃止の場合にはこれくらいの相場で全ての支払いが終了しますが、管財人をつけなければならない場合には、管財人報酬として別途費用が発生しますので要注意です。管財人がつくのは、会社の社長や役員、個人事業主などの破産申立てや法人、資産家の申し立てのときなどです。このときの管財人報酬の相場は、債権額や所有資産などの規模によって異なってきますので、一概にはいえません。費用の確認はあらかじめ行なっておくことをおすすめいたします。かなり規模の小さい破産申立ての場合でも、数十万円は必要になりますし、通常は100万円を超える予納金が必要になるケースもあります。一括で支払えない場合には分割で納めるなど、裁判所によって取り扱いが異なっていますので、申立てをする前に、管財人がつく可能性があるか、ついたときには予納金をどうするか確認した方がよいでしょう。

 

自己破産は裁判所に申し立てを行う、債務整理の1つです。
裁判所で免責が認められれば、借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はチャラになるのです。

 

このように借金問題を大きく解決できる債務整理である事から、多額の借金のある方が多く選択しています。
ただ、自己破産を行う為には、それなりの費用がかかる為、その点は注意しましょう。

 

まず、1番費用が少なく申し立てできるのが、個人で行う方法です。
自己破産には「同時破産事件」と「管財事件」という2種類があり、同時破産事件の場合、平均の相場は約3万円から5万円と言われています。

 

一方、管財事件は家などの財産がある場合に、当てはまるケースです。
財産などを調べる管財人などに、費用を支払う必要が出てくる為、管財事件のケースだと平均して約20万円から50万円程がかかるようです。

 

自分で申し立てを行う事もできる自己破産ですが、必要になる書類を作成したり、裁判所でのやり取りもある為、スムーズに行う為に弁護士に依頼する方も、少なくありません。

 

弁護士に依頼した場合の平均相場は、着手金として約20万円から40万円程が必要です。
そして自己破産の免責が認められた場合、報酬金として同じく約20万円から40万円程が相場と言われています。

 

弁護士に自己破産の依頼をした場合は、40万円から80万円程の費用がかかる事が一般的のようです。
しかし、この費用はあくまで平均です。

 

この費用よりリーズナブルな価格で、依頼を引き受ける法律事務所もあるので、まずは費用などを相談してみる事をお勧めします。

 

自己破産の申し立ては知識さえあれば自分の力で行うことも可能ですが、自己破産を検討している方の中には、一体どのような流れで申し立てを行っていけばいいのか分からないという方も少なくないでしょう。
そんな時には弁護士や司法書士といった専門家の力を借りた方がスムーズに自己破産の手続きをすすめていくことが出来ます
しかし、ここで問題になるのが依頼する時にかかる費用です。
自己破産申し立てを専門家に依頼する時の平均費用はいったいどのくらいなのでしょう。
まず費用の平均は弁護士に依頼をするのか司法書士に依頼をするのかで若干違い、一般的には弁護士の方が高額となりがちです。
弁護士に依頼をした場合の平均費用は、着手金として20~40万円程度、免責が認められた場合の報奨金として20~40万円程度となっており、トータルで換算すると40万~80万円程度が必要となってきます。
次に司法書士に依頼をした場合ですが、着手金が15~30万円程度となっています。
このように弁護士よりも司法書士に依頼をした方が費用の負担は少ないといえるのですが、自己破産を検討する方は手持ちにまとまったお金がない方も多く、その金額でも大きな負担となるといえます。
だからといって諦める必要はありません。
基本的に自己破産などの債務整理を専門としている法律事務所であれば、自己破産後の生活を無理なく出来るように費用の支払は分割払いでの対応を可能としていることがほとんどですので、一人で悩む前にまず無料相談などで相談をしてみるとよいでしょう。

 

借金の返済ができなくなってしまい、毎日の取り立ての電話で精神的におかしくなってしまうようなこともあるでしょう。また体調も悪くなってしまい借金に向き合うことができなくなることもあります。そのような場合は債務整理を視野に入れて行動すると良いです。厳しい取り立ての電話も一旦やむことになり、そして弁護士や司法書士といった先生に依頼することで借金の減額も期待することができます。借金をすべてなくすことができる債務者の救済措置である自己破産は、メリットが大きい分、デメリットもあります。それを理解した上で手続きに臨むようにしましょう。

 

自己破産をするには、弁護士に依頼する必要があります。もちろん費用が掛かってしまいます。お金をなくすのに費用が掛かり、そして弁護士に依頼するとなると多額の費用が必要になることに不安を覚える人もいるでしょう。しかし自己破産をするための法律事務所も多くあり、費用の支配に関して分割するなど相談に乗ってくれます。債務者だからできる相談し依頼する体制が整っていますので安心してください。また気になる平均な費用として弁護士によりばらつきがあるのですが、平均弁護士の実費着手金で20万円からそして自己破産が認められて借金がすべてなくなる状態になれば報酬金として平均20万円からのところが多いです。また有名な法律事務所の場合費用はまだ大きくなります。自己破産では、債務整理に強い弁護士に相談するようにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産にかかる費用は?関連ページ


ホーム RSS購読 サイトマップ