自己破産にデメリットはあるのか

自己破産にデメリットはあるのか

自己破産にデメリットはあるのか

自己破産をするといくつかのデメリットがありますが、実際にどのようなデメリットがあるのかは悪をしていないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、自己破産をするとどのようなデメリットがあるのかというとまず最初に、借金をすることが難しくなってしまうというものがあります。
自己破産をすることによって、数年間はクレジットカードを作ることやローンを組むことが難しくなってしまうので日常生活に影響を与えてしまうことがあるのです。

 

次に職業や資格の制限が発生するというものがあり、破産の申し立てをしてから免責許可が決定するまでの間、一部の職業や資格が制限されてしまうことになります。
そのため、該当する職業に就いている人にとっては職を失ってしまいかねない大きな問題となるので、十分に確認をしておく必要があります。

 

そして、自己破産をすることによって他人に迷惑をかけてしまう可能性があるという問題もあり、自己破産をすることによって借金を支払わなくて済むようになっても、連帯保証人がいた場合にはそちらに請求がまわってしまうことになります。
そのため、人間関係が悪くなってしまう可能性があるので自己破産を考えている時には、まず連帯保証人と相談をすることが重要となってきます。

 

このように自己破産というのはいくつかのデメリットがあるため、そのデメリットの内容を良く考慮に入れた上で、申し立てを行うかどうかを判断するようにすると良いでしょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ