自己破産にデメリットはあるのか

自己破産にデメリットはあるのか

自己破産にデメリットはあるのか

自己破産をするといくつかのデメリットがありますが、実際にどのようなデメリットがあるのかは悪をしていないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、自己破産をするとどのようなデメリットがあるのかというとまず最初に、借金をすることが難しくなってしまうというものがあります。
自己破産をすることによって、数年間はクレジットカードを作ることやローンを組むことが難しくなってしまうので日常生活に影響を与えてしまうことがあるのです。

 

次に職業や資格の制限が発生するというものがあり、破産の申し立てをしてから免責許可が決定するまでの間、一部の職業や資格が制限されてしまうことになります。
そのため、該当する職業に就いている人にとっては職を失ってしまいかねない大きな問題となるので、十分に確認をしておく必要があります。

 

そして、自己破産をすることによって他人に迷惑をかけてしまう可能性があるという問題もあり、自己破産をすることによって借金を支払わなくて済むようになっても、連帯保証人がいた場合にはそちらに請求がまわってしまうことになります。
そのため、人間関係が悪くなってしまう可能性があるので自己破産を考えている時には、まず連帯保証人と相談をすることが重要となってきます。

 

このように自己破産というのはいくつかのデメリットがあるため、そのデメリットの内容を良く考慮に入れた上で、申し立てを行うかどうかを判断するようにすると良いでしょう。

 

自己破産は借金を帳消しにすることができる代わりに、デメリットが大きなものだと感じている人も多いのですが、実際にそれほど大きなデメリットというのはありません。

 

一部職業や資格に対して自己破産の申し立てをしてから、免責許可が出るまでの間制限をされてしまったりすることがあるので、このような職業にかかわっている人の場合には大きなデメリットとなることがありますが、それ以外の場合にはそこまで大きな問題があるものは少ないのです。

 

まず、自己破産をすることによって借金をするのが難しくなってしまうというのは、借金の返済の目処がつかない状態であれば新たに借金をする余裕が無いので、借金ができたからといって意味のあるものではありません。
しかし、自己破産をした後は7年は破産の情報が掲載されることになるので借金をすることが難しくなってしまいますが、その7年の間に借金を返済できるというのでなければ自己破産をしてしまったほうが生活が楽になるということもあります。

 

次に財産を没収されてしまうというも斧がありますが、これも20万円以上の価値のある財産に限られているので、すでに財産の大半を失っているという場合には、没収される財産が無いためデメリットは少ないということになります。

 

このように自己破産によるデメリットというのは個別に見ていくと、それほど大きな影響を持つものは少ないので良く考えて自己破産という選択をするのも悪いものではないのです。

 

自己破産は裁判所が認めた時点で謝金が帳消しになることであり、よく勘違いされているのは自己破産をしたから借金がなくなるというわけではありません。裁判所がこの人は借金によって生活が破綻し生活をするのが困難になると判断される必要名があります。そしてこの自己破産には借金がなくなるという大きなメリットがありますが、デメリットもあります。このデメリットのことを考えて自己破産をしないという人もいるくらい、人によっては大きなデメリットになる可能性がありますので注意してください。

 

よく知られているデメリットは5年から10年は貸金業者によってお金を借りることができません。貸金業者によっても種類があり、カードローンやクレジットカード、そして銀行とブラックになってしまう期間があります。また持ち家を持っている場合は没収されます。これは財産を失うという自己破産のペナルティーになっています。また官報に名前が掲載される、そして連帯保証人になっている人のもとに取り立てが来るというデメリットがあります。

 

大切なのは、自己破産をするときにそのデメリットがどのくらい自分や家族そして親戚に悪影響を及ぼすのかという点です。特に連帯保証人は、なってくれた人に迷惑をかけその後の関係が修復できなくなるほど人間関係を失うこともあります。そのようなことに気を付けて、自己破産をすることが自分にとって本当に正しいことのかを自問自答して考えて決断することが重要です。

 

自己破産は抱えている債務を免除してもらえる制度ということで、借金の返済でどうにもならなくなってしまった人を救済することができます。
借金の支払いを免除してもらうことになるわけですので、手続きが認められるためにはいくつかの条件や制限を受けることになります。
自己破産の手続きを行ったときに一番大きなデメリットと言って良いものが、債務者の必要最低限の生活費や財産以外の多くの部分を処分して、換価することで債権者への配当することになる点を挙げることができます。
破産手続きの開始が決定した際に、換価できるほどの財産を保有しているときには、破産管財人が選ばれて財産が処分されることになりますので、保有している一定部分の財産を失うことになります。
借金の種類としては、連帯保証人を付けているケースがあります。
破産手続きの開始が決定されて、免責の許可の決定を受けたときに自己破産の手続きが成立したときには、自分自身に関する返済義務が帳消しになっただけで、連帯保証人に関しては影響がありません。
従って、債権者は保証人に取り立てを行うようになるという、デメリットがあります。
自己破産をすると国が発行している機関紙と言える官報に、破産者として氏名や住所、破産の手続きを行った日時や裁判所などが掲載されます。
これによって第三者に広く知られることにもなりますので、自己破産のデメリットと言えます。
自己破産には、資格の制限というデメリットもあります。
警備員や税理士、公認会計士などの職業においては、資格の制限を受けるために就業の継続が難しくなります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ